和婚のいろは

お寺挙式・神社挙式 和の結婚式でも指輪交換はあるの?

投稿日:

仏前式・神前式でも儀式の中で、西洋の儀式である「指輪交換はできるの?」そんな疑問をお持ちの方がいらっしゃるかと思います。

 

実は神前式でも、仏前式でもいずれも行っておりますが、 「和の儀式としてしっくりこないからやりたくない」こんな意見もございます。

指輪の交換は、儀式ではなく現代の流れにあわせて「演出の一つ」として取り入れられたものの為、キリスト教の挙式も同様ですが結婚を成立する儀式というわけではございません。

こちらは、お二人のご希望次第で交換や贈呈が式中に行えます。

 

 

 

リングピローについて

結婚式の当日に、挙式で指輪交換を行うまで新郎新婦の指輪を置くておくために使われるアイテムです。

ただ、リングピローは「必ずなくてはならないアイテム」ではありません。キリスト教などではリングボーイが登場し、リングを運んだりされますが神前式では、お式が始まる前に結婚指輪が御神前の棚に添えられることが多いです。また、指輪の交換の際には、神主が新郎新婦の前に指輪が運ばれ、お渡しと交換をします。

神前式や仏前式ではリングピローがない場合、指輪を購入した際に入っていたリングケースをそのまま使用する方が多くいらっしゃいます。

指輪交換に持ってきてはいけないケース等ないので、ご自身の希望でリングピロー又はケースをご用意いただくようお願い致します。

 

 

 

リングピローとは?

リングピローは元々欧米の文化でございます。

 

結婚する花嫁の為に母親がウエディングドレスの生地で手作りを致します。

お二人が愛を誓ったリングピローは将来、お子さんが生まれた際のファーストピローになります。将来のお孫さんのファーストピローをおばあさまが作り、お子さんの誕生を心待ち致します。

 

 

リングピローを用意するには?

リングピローのご用意手段としては、様々ございます。

 

手作りをする

「自分で用意出来たら・・・」とおもったかたは、リングピローのキットを活用しましょう。種類が多いだけではなく、お値段もお手頃なのが多くございます。 材料・型紙・説明書がセットになっているのでお気軽に作ることができます。

また、キットでは思い描いているものが無い方は自分だけのリングピローをご自分でおつくりされる方もいらっしゃいます。

もちろん、手間や時間はかかりますが、その分お二人の結婚式でより良い思い出になるでしょう。

 

式場で借りる

簡単な方法としては、リングピローをご用意している会場であればレンタルすることも可能です。ただ、式場によってはレンタル料が発生することもございます。また、「種類が豊富ではない」ところもございますので借りる前に事前確認をお勧めいたします。

購入する

「借りたいけど理想なのもない、作るのも面倒」という方は購入が良いでしょう。

インターネットで「リングピロー」を検索するとネット通販等で販売されております。値段は、2,000円~10,000円ほどが多くございます。また、指輪を買ったときにセットでリングピローが付いてくることもあるようです。

 

リングケースを使う

指輪を購入したときのリングケースでも可能でございます。デザインにこだわったおしゃれなケースも多くあり、近年はリングケースにもこだわりのあるブランドも増えております。

 

 

リングピローのデザインとしては、様々なものがございます。「伝統的なクッション」「ボックス型」「和風」等。

「結婚式の数分しか使わない」のは事実でございます、ただ披露宴の入り口や受付、メインテーブルに飾るなど様々な演出次第で集まるゲストに注目を集めることも可能でございます。

 

たった一日の大切な結婚式でございますので、大切な思い出の一つとしてご用意してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

【和婚スタイル】
48,800円で叶える神前式・神社結婚式

-和婚のいろは

Copyright© 和婚のいろは , 2020 All Rights Reserved.