和婚のいろは 記事一覧

~仏前式~意外と知られていないお寺で結婚式

投稿日:

 

近年、国際結婚も増えており外国人のカップルも日本で挙式が増えてきました。

日本は仏教にかかわることが多いですが、意外と知られていないのが仏前式。仏と自分たちの先祖に感謝をささげ、誓いを立てるというものです。寺院内や自宅の仏壇の前でお坊さんが式を行います。仏前式のほかに和婚と共通の神社結婚式がありますが、神前式は神様に誓うものです。日本の結婚式のほとんどが教会式と神前式で、仏前結婚式は約一割ほどです。

仏前式は、「仏様の前で」式を挙げるスタイルのことを言います。結婚した新郎新婦は「生まれ変わってもまた結ばれる」という言い伝えもございます。この教えにそって、二人が出会い&結婚することを先祖や仏様に感謝をし、報告するのが仏前式でございます。

仏前の始まりは、神社挙式がはじまった同年、東京教区北部正億院善応寺住職藤田良信が浄土宗の僧侶として初めて仏式結婚式を挙げて、浄土宗能化の仏式結婚式の基礎を示しています。 その後明治40年に大本山増上寺で浄土宗檀信徒初の仏式結婚式が行われのが始まりです。

現在、仏前式を行う方は仏教徒である方や新郎新婦・身内の方が寺院の関係者であることがほとんどです。

 

仏前式のおすすめポイント

少数人数だからこそまた、仏前式の挙式がされる方も多くない理由からも参列者の印象に残りやすいことがあげられます。両家両親や皆様の記憶にとどめてもらうことは大変うれしいですよね。

厳粛な雰囲気での挙式になるため、仏前式の結婚式ではお二人のお着物はよく映えます。

また、仏前式はホテル式よりかかる費用が抑えられる点もございます。

西洋の儀式、指輪の交換は仏前式でできる???

神前式同様、宗教は違えど指輪の交換はできます。現代において、儀式ではなく演出として取り入れられたものになります。こちらも神社同様、ご希望で指輪の交換の有無を決めることができるのと、リングピローに関しても絶対に無くてはならないアイテムではありません。当日の指輪の交換では指輪のケースのまま交換をされる方も多くいらっしゃいます。

 

仏前式の注意しておきたい点

仏前式を行える会場はごくわずかです。仏前式を行ったお寺から披露宴会場までアクセスが不便、ゲストを長く歩かせてししまうことも少なくないです。また、神前式と比べて式の時間がながい寺院が多くございます。(神社式は基本約30分、仏前式は基本約45分) その為参加いただくゲストにご理解を頂いた上で決定するのが良いでしょう。

オススメ内容より、注意すべき点が多いところですが当日を無事迎えられるように確認をしておきましょう。

 

宗派が違う場合

《仏前式を考えているけど二人の宗派が違う時》そんな場合は、「どちらかの宗派に合わせます」一般的には新郎の宗派に合わせることが多いですが、厳密な決まりはございません。お二人とゲストの方と相談をされた上で仏前式を行うのが良いでしょう。

仏前式中の姿勢

基本的に式の間は座布団の上に正座です。「足がしびれてしまうかも」や「足腰が悪い」ゲストがいる場合、事前に座椅子や椅子が準備してもらえるか寺院に確認が必要です。

数珠をわすれずに

寺院で結婚式ですので、数珠が必要です。お呼びするゲストには事前に「数珠を持参してください」とお知らせしておきましょう。

仏前式を参加される参列者の服装

教会式や神前式と同じく礼服やパーティードレスで問題ございません。ただし、露出が多い服装は遠慮しましょう。神前式同様はだしで本堂に上がるのはご遠慮下さい。

 

いかがでしたでしょうか?仏前式は神前式のように神様に報告&誓うのではなく、ご先祖様や仏様に結婚を報告する挙式スタイルでございます。少人数&寺院だからこそ厳かで落ち着いた雰囲気の挙式がしたい二人にはぴったりです。

当社でも仏前式をお手伝いさせて頂いております。仏前式検討中の方もお気軽にお申し下さい。

 

 

【和婚スタイル】
48,800円で叶える神前式・神社結婚式

-和婚のいろは, 記事一覧

Copyright© 和婚のいろは , 2020 All Rights Reserved.